自分でできる肌質診断!普通肌・乾燥肌・脂性肌・乾燥脂性肌(混合肌)の見極め方

初めての方は、当サイトの理念をご覧下さい。

皮膚は、基本的には全ての人が同じ構造を持っていますが、生まれつきの遺伝や生活習慣などにより、肌質(資質)が異なります。
さらに、加齢・環境・ホルモンの働きなどで変化を遂げているため、化粧水や美容液などの化粧品に目を向ける前に、ご自身の肌質をしっかり見極める必要があります。

肌質は4つに分類される

肌質は、水分量と皮脂量の割合で決まります。
普通肌(ノーマル肌)、乾燥肌(ドライ肌)、脂性肌(オイリー肌)、乾燥脂性肌(ドライオイリー肌)の4つに分類されます。
肌質

肌質の診断方法

クレンジング&洗顔後に、化粧水などの化粧品は一切つけず、素肌のまま30分放置して下さい。
その時の肌状態が、肌質を見極める最適な診断基準になります。

普通肌(ノーマル肌)の特徴

普通肌(ノーマル肌)とは、皮脂が少なめで水分が多い理想的な肌です。
角質層が好調な状態で、肌トラブルが起こりにくい肌質だと言えます。
イメージ的には、赤ちゃん肌を思い描いて下さい。
赤ちゃんの肌は、皮脂が少なく水分が豊富なため健康的なのです。

乾燥肌(ドライ肌)の特徴

乾燥肌(ドライ肌)は、皮脂と水分が共に少ない肌で、皮膚表面の角片がはがれやすくなっており、重度になると粉を拭くような状態になります。
また、突っ張り感やかさつき感が現れ、キメ・ハリ・弾力の低下が見られます。
20代半ばを過ぎると、正常な角質層を維持することは困難になり、徐々に乾燥肌へと進んでいきます。

脂性肌(オイリー肌)の特徴

脂性肌(オイリー肌)は、皮脂と水分が共に多い肌です。
皮脂が多いために、顔のてかりが目立ち、メイク崩れも目立ちます。また、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビができやすいと言えます。
男性ホルモンの影響が強い人、生活リズムが悪い人、食事のバランスが摂れていない人などに見受けられます。

乾燥脂性肌(ドライオイリー肌)の特徴

乾燥脂性肌(ドライオイリー肌)は、部分的にかさついたり脂っぽかったりする肌で、一般的に「混合肌」と呼ばれています。
特に、皮脂が多いTゾーン(額・鼻)は、異常にテカリが目立って毛穴も広がっており、逆にUゾーン(頬・目元・口元)は、極端に乾燥していることが多いようです。中には、赤みが目立つ人もおられます。
トラブルが最も現れやすい肌質でしょう。

まとめ

肌のトラブルや悩みが増える要因の1つに、水分と皮脂のバランスが乱れること挙げられます。
その乱れが過剰になると、シワ・シミ・たるみなどの肌老化が加速し、さらには、少しの刺激で発赤・湿疹・痒みなどが出やすい敏感肌・ニキビ肌・赤ら顔を誘発することにも繋がります。

まずは、4つの肌質を正しく診断して、ご自身に合った最適なスキンケアや化粧品を取り入れることができれば、年齢を感じさせない美肌に近づけるでしょう。

>>その他のお勧めコラム一覧



美容液の基礎知識

美容液は、今やスキンケアには欠かせないアイテムとなっています。 注目度や人気も年々高まっているため、各化粧品メーカーは美容液の…
▶詳しくはこちら
美容液は、消費者の目的に応じたオリジナル性の高いものが多くなっており、配合される美容成分によって分類されます。このページでは、…
▶詳しくはこちら
次から次へと登場する美容液に目移りして、どれが良いのか迷う人も多いと思います。このページでは、美容液を選ぶ際のポイントをお伝え…
▶詳しくはこちら
このページでは、美容液の効果を最大限に発揮するための、効率の良い塗り方をお伝え致します。①十円玉小~大(肌質に合わせて)の美容…
▶詳しくはこちら
このページでは、お問い合わせが多い美容液に関するご質問と、その回答を掲載致します。 Q.美容液はいつどのタイミングで使えば良い…
▶詳しくはこちら

運営編集長紹介

松原好克
編集長の松原好克です。
美容液について確かな情報を発信いたします。

▶編集長について詳しくはこちら