「シミ」に関する研究結果報道~シミは35歳が分岐点か!?~

初めての方は、当サイトの理念をご覧下さい。

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は、「再生美容」や「機能性素材の探索」を研究テーマに掲げる研究拠点「ロートリサーチビレッジ京 都」を基軸に医療法人財団青輝会 アオハルクリニック(東京都港区六本木、院長:小栁衣吏子)と共同研究を行い、2,053人の女性の肌データ解析による「シミ」に関する研究を行いました。

この結果、顕在シミ(目に見えるシミ)の増加スピードは、35歳以降で2.3倍に増加することを確認しました。また、シミ予備群(まだ目に見えないシミ、未来のシミ)は、35歳までに急増することも明らかになりました。

これらにより、35歳までのシミは、見えない形で増加すること、35歳以降は見えるシミが増加する事が考えられます。本研究結果は今後の肌研究や製品開発に応用していく予定です。

《引用元》
ロート製薬株式会社 ホームページ
大人のシミ、急増!シミの増加スピードは、年齢によって種類と速さが違うことを確認
<http://www.rohto.co.jp/news/release/2014/1201_02/>(アクセス日:2014/12/2)

20代になったら美白化粧品を取り入れる

目で確認できるまでに進行したシミは、日常のスキンケアや化粧品で消すことはできません。
つまり、年齢によるシミ増加のスピードを、どれだけ抑えられるかに尽きます。

シミの最大の原因は、長年浴び続けた紫外線です。
10代のうちからの紫外線(日焼け)防御に加えて、20代に差し掛かったら、美白化粧品を取り入れることが望ましいです。

35歳までのシミ予防の積み重ね、35歳以降の継続したシミ対策が、未来のシミ量を左右すると言っても良いでしょう。

>>目からウロコ!?化粧品の本音

No tags for this post.


美容液の基礎知識

美容液は、今やスキンケアには欠かせないアイテムとなっています。 注目度や人気も年々高まっているため、各化粧品メーカーは美容液の…
▶詳しくはこちら
美容液は、消費者の目的に応じたオリジナル性の高いものが多くなっており、配合される美容成分によって分類されます。 このページでは…
▶詳しくはこちら
次から次へと登場する美容液に目移りして、どれが良いのか迷う人も多いと思います。 このページでは、美容液を選ぶ際のポイントをお伝…
▶詳しくはこちら
このページでは、美容液の効果を最大限に発揮するための、効率の良い塗り方をお伝え致します。①十円玉小~大(肌質に合わせて)の美容…
▶詳しくはこちら
このページでは、お問い合わせが多い美容液に関するご質問と、その回答を掲載致します。 Q.美容液はいつどのタイミングで使えば良い…
▶詳しくはこちら

運営編集長紹介

松原好克
編集長の松原好克です。
美容液について確かな情報を発信いたします。

▶編集長について詳しくはこちら