化粧品の防腐剤成分「メチルパラベン」は、シミやシワなどの肌老化を招く!?

初めての方は、当サイトの理念をご覧下さい。

2005年8月25日の朝日新聞に、化粧品の防腐剤成分「メチルパラベン」に関する報道が掲載されました。

「メチルパラベンと紫外線が作用してシミやシワにつながる皮膚の老化が確認」という内容の記事です。
10年以上経った現在も、化粧品業界に大きな影響を与えています。

このコラムでは、メチルパラベンの真相に迫ります。

メチルパラベンとは

正式名は、パラオキシ安息香酸メチルで、化粧品の防腐目的で配合される成分です。
とても広範囲の微生物に有効なため、抗菌作用は非常に優れており、なおかつ毒性も低い。

パラオキシ安息香酸と様々なアルコール類とのエステル化合物を、通称でパラベンと呼んでいます。
メチルパラベンの他に、エチルパラベン・ブチルパラベンなどがあります。

報道による反響

冒頭で申し上げました新聞報道により、一気にメチルパラベンは嫌われ者になり、配合されている化粧品を避ける消費者が多くなりました。

それに伴い、化粧品会社も使用を控えざるを得なくなり、メチルパラベンを目にする機会は少なくなってしまったのです。

その風評に煽られて、防腐剤そのものが毛嫌いされるようになり、さらには、香料などの添加物全般までも敬遠されるようになりました。

そして、無添加化粧品と呼ばれるものや、パラベンフリーの化粧品が目立つようになってきたのです。

メチルパラベンの真実

メチルパラベンに限らず、化粧品に配合される防腐剤成分などの添加物は、使用した全ての人に悪い影響を及ぼすものではありません。

メチルパラベンは、配合上限濃度が1%までと決められていますが、0.5%以下の配合率のものがほとんどです。全く問題ないレベルでしょう。

また、皮膚には保護機能が備わっており、メチルパラベンは水溶性成分のため、肌内部(角質層より奥)に浸透することはなく、シミやシワを助長することもありません。

ごく一部の人は、メチルパラベンに対して刺激反応(アレルギー症状やかぶれなど)を起こすことがあるため、そうゆう人は避けるべきです。
ただし、その化粧品に配合されている他の成分に反応している可能性も十分にあるため、メチルパラベンだと決め付けるのは良くありません。

逆に、刺激反応を起こさない大部分の人にとっては、ほとんど無害なのです。
つまり、メチルパラベンに刺激反応を起こさない人がメチルパラベン入りの化粧品を避けることは、小麦アレルギーでもない人がパンを食べないのと同じことです。
美肌女性3

論より証拠

総合化学薬品メーカーの上野薬品株式会社は、新聞に掲載された記事の内容には、明らかに正確性・妥当性を欠く部分があったと反論しています。

上野薬品が、実験を行った京都府立医科大学生体安全医学講座の担当助教授に確認したところ、同助教授から、「そのようなことは言っていないと思う。特にシミの場合、関連性はない。」 「紫外線量30㍉ジュール/cm2は文献を参考にしたが、新聞記載のように夏の日中の平均的な紫外線量とは言っていない。」との回答を得ています。

また、「今回の実験は化粧品の実際の使用とは全く異なる条件で行われたものです。更に、メチルパラベンは、生体内では代謝され体外に排泄されるということなどは考慮されておらず、シワに関して in vitro の実験結果が直ちに生体への影響があるかのような表現は、読者に誤解を与えていると考えます。」と述べています。

事実、1984 年 Journal of the American College of Toxicologyにメチルパラベンと紫外線に関する in vivo (この場合は実際の人間の皮膚に対する影響を調べた実験)で、皮膚に対する刺激には影響を及ぼさないことが記載されています(J.The American College of Toxicology ,3(5),(1984))。

メチルパラベンは、 70 年以上の長期にわたり最も安全な化粧品及び食品の防かび剤として、世界で広く使用されています。
日本の厚生省を始めとして、米国の FDA (食品医薬局)、欧州の食品医薬局でその使用が認められており、多くの in vivo テスト(生体内テスト — 急性毒性試験、亜急性毒性試験、慢性毒性試験、がん原性試験、生殖発生毒性試験、吸収分布代謝排泄試験、皮膚刺激性試験、皮膚光感作性試験)で、その安全性が確認されております。
特に、米国において、メチルパラベンは最も安全な物質として考えられる GRAS 物質 (Generally Recognized As Safe)に指定されています。

《引用元》
上野薬品株式会社
メチルパラベンと紫外線の作用に関する最近の朝日新聞報道について
https://cosmetic-ingredients.org/ref/2005_%EF%BD%8Dethylparaben.pdf

化粧品に防腐作用は必須

化粧品は、すぐに使い切ってしまうものではないため、カビや菌などの繁殖を抑える処方が必要不可欠です。

パラベンなどの防腐剤が入っていない無添加化粧品と呼ばれるものでも、防腐作用のある別の成分(フェノキシエタノールや植物エキスなど)が必ず入っています。

製品そのものの劣化進度や品質保持を考慮すると、しっかり防腐剤が配合された化粧品の方が、実は安全性が高いのです。

表現の誤解

化粧品の謳い文句で、パラベンフリー・防腐剤不使用などというフレーズがよく使われていますが、こういった表現が、「全ての人の肌に悪いもの」という誤解を招いていると考えられます。

防腐剤成分だけでなく、美容成分も含めた全ての化粧品成分が、肌に与える刺激反応のリスクは同じで、悪影響が出るか出ないかは、実際に使った人の肌が決めることです。
今の日本で製造されている化粧品において、万人に悪影響が出る危害成分は使われていない、ということを覚えておきましょう。

何度も申し上げますが、メチルパラベンなどの防腐剤成分は、刺激反応を起こさなければ、ほとんど無害です。

最後に

この不況にも関わらず、化粧品業界は賑わいを見せています。
多種多様な製品が次から次へと登場し、私達は目移りしてしまいます。

本当に正しい情報を見極める目利き力を養えば、化粧品選びに迷うことはなくなるでしょう。

>>目からウロコ!?化粧品の本音

No tags for this post.


美容液の基礎知識

美容液は、今やスキンケアには欠かせないアイテムとなっています。 注目度や人気も年々高まっているため、各化粧品メーカーは美容液の…
▶詳しくはこちら
美容液は、消費者の目的に応じたオリジナル性の高いものが多くなっており、配合される美容成分によって分類されます。 このページでは…
▶詳しくはこちら
次から次へと登場する美容液に目移りして、どれが良いのか迷う人も多いと思います。 このページでは、美容液を選ぶ際のポイントをお伝…
▶詳しくはこちら
このページでは、美容液の効果を最大限に発揮するための、効率の良い塗り方をお伝え致します。①十円玉小~大(肌質に合わせて)の美容…
▶詳しくはこちら
このページでは、お問い合わせが多い美容液に関するご質問と、その回答を掲載致します。 Q.美容液はいつどのタイミングで使えば良い…
▶詳しくはこちら

運営編集長紹介

松原好克
編集長の松原好克です。
美容液について確かな情報を発信いたします。

▶編集長について詳しくはこちら