シミの原因は紫外線だけでなく糖化も関係している可能性を示唆

初めての方は、当サイトの理念をご覧下さい。

2015年2月4日、ロート製薬株式会社は、糖化した表皮角化細胞で、メラニン(シミの元になる物質)の生成を促すサイトカイン(エンドセリン、COX-2、IL-1α)が増える事を確認し、紫外線に加えて、細胞の糖化もシミの発生に関与している可能性があると発表した。

糖化による肌への影響

「糖化」とは、たんぱく質に糖が結合する現象で、最終生成物を「AGEs(advanced glycation end products:終末糖化産物)」と呼びます。

血管で糖化が起こると、AGEsの蓄積により毛細血管障害を誘発し、肌の真皮ではコラーゲンの糖化が進み、腺維が固くなっていきます。
その結果、ハリ・弾力の低下、シワの進行などの肌老化を引き起こすと考えられます。

研究のいきさつ

ロート製薬は、かねてより「再生美容」を重点研究テーマに掲げ、皮膚老化の要因の一つである糖化と肌老化の関係について研究を邁進している。

今回、表皮の糖化とシミの関係に特化した研究試験を行ったもよう。

研究の成果

メラニン生成の伝達物質であるサイトカインと呼ばれるEDN1(エンドセリン1)・COX-2(シクロオキシゲナーゼ2)・IL-1α(インターロイキン1α)などは、通常、紫外線を浴びることで生産されると言われてきました。

今回の研究では、表皮角化細胞の糖化により、サイトカイン(EDN1、COX2、IL-1α)のmRNA発現量が亢進することを確認した。
試験方法:表皮角化細胞を糖化させ、24時間後に各サイトカインのmRNA量を測定した。(ロート研究所実施)
糖化とサイトカインの関係

今後の展開

今回の研究で、表皮の糖化はシミに関与する可能性が高いことがわかりました。

このことより、抗糖化にターゲットを絞った化粧品の開発が進められるものと思われ、新たな「しみ・そばかす」へのアプローチが期待できる。
>>その他のお勧めコラム一覧
>>シミ対策にお勧めの美容液一覧

《引用参考&画像出典URL》

ロート製薬株式会社 ホームページ
【プレスリリース】
『表皮細胞』の糖化がシミの発生に関係する可能性を解明
<http://www.rohto.co.jp/news/release/2015/0204_01/>(アクセス日:2015/2/5)

No tags for this post.


美容液の基礎知識

美容液は、今やスキンケアには欠かせないアイテムとなっています。 注目度や人気も年々高まっているため、各化粧品メーカーは美容液の…
▶詳しくはこちら
美容液は、消費者の目的に応じたオリジナル性の高いものが多くなっており、配合される美容成分によって分類されます。 このページでは…
▶詳しくはこちら
次から次へと登場する美容液に目移りして、どれが良いのか迷う人も多いと思います。 このページでは、美容液を選ぶ際のポイントをお伝…
▶詳しくはこちら
このページでは、美容液の効果を最大限に発揮するための、効率の良い塗り方をお伝え致します。①十円玉小~大(肌質に合わせて)の美容…
▶詳しくはこちら
このページでは、お問い合わせが多い美容液に関するご質問と、その回答を掲載致します。 Q.美容液はいつどのタイミングで使えば良い…
▶詳しくはこちら

運営編集長紹介

松原好克
編集長の松原好克です。
美容液について確かな情報を発信いたします。

▶編集長について詳しくはこちら