すごくわかりやすい!ビタミンC誘導体入り美容液の効果と選び方

初めての方は、当サイトの理念をご覧下さい。

科学の進歩で、近年は様々な化粧品成分が開発されており、どれも最新の研究を駆使した素晴らしいものばかりです。

当サイトでは、エビデンス(科学的根拠)の評価が高い成分を、定期的に解説していきます。
今回取り上げるのは、「ビタミンC誘導体」という美容成分です。

ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは、化学の分野ではアスコルビン酸と呼ばれており、昔から肌に良いと言われてきました。しかし、浸透性に欠けている為、その効果を十分に発揮できません。
そこで、浸透しやすいように改良したものが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体の効果・効能

分かり易くまとめてみました。

■メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを防ぐ(厚生労働省が認可した医薬部外品有効成分)

■ハリ・弾力を担うコラーゲンとの関係が深い
■皮脂の分泌・酸化にブレーキを掛ける
■ニキビなどによる赤みにアプローチする
■ エイジングケア(年齢に見合った手入れ)をトータルにサポートする

美肌女性20

ビタミンC誘導体の種類と特徴

ビタミンC誘導体と言っても、多くの種類が存在し、その特徴は様々です。
代表的なものを挙げてみました。

アスコルビン酸グルコシド

アスコルビン酸にグルコースを結合させた、水溶性のビタミンC誘導体で、別名はL-アスコルビン酸-2グルコシド。グルコシド基は、肌内部で分解されにくいため、ビタミンCとしての効果が弱いという意見もあります。

アスコルビルリン酸Na

アスコルビン酸にリン酸基を結合させたもので、浸透性に優れています。肌の内部で、ホスファターゼという酵素によって加水分解され、ビタミンCとしての効果を発揮します。

リン酸アスコルビルMg

別名はリン酸L-アスコルビルマグネシウムで、アスコルビルリン酸Naに類似したメカニズムです。効果は、アスコルビルリン酸Naよりも高いようですが、沈殿しやすいため、高配合が難しいビタミンC誘導体です。

3-0-エチルアスコルビン酸

別名はビタミンCエチルで、酵素による加水分解などが必要なく、そのままの形でビタミンCとしての効果を発揮します。即効性・浸透性・持続性の3拍子を兼ね備えた、優秀なビタミンC誘導体です。

テトラへキシルデカン酸アスコルビル

別名はテトラ2-へキシルデカン酸アスコルビルで、油溶性のビタミンC誘導体です。安定性が抜群で、液体状のため高配合しやすく、また、肌馴染みが良いため使用感も良好です。ただ、リン酸型よりは若干浸透性が劣るようです。

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

別名はAPPSもしくはアプレシエで、リン酸基とパルミチン酸基を結合させた、新型ビタミンC誘導体です。(水溶性と油溶性の両方を併せ持つ) 従来のものよりも、数十倍の浸透性があると言われており、たぐいなる美肌効果が得られるでしょう。
開発メーカーである昭和電工株式会社のホームページに、データが記載されています。

《リンク元》
昭和電工株式会社
http://www.sdk.co.jp/(トップページ)
http://www.sdk.co.jp/products/43/58/1147/detail.html(製品紹介ページ)

ビタミンC誘導体入り化粧品の選び方

各ビタミンC誘導体の性質を理解し、できるだけ多く配合されたものを選びたいですね。
そのためには、化粧品アイテムの形状を考慮すると良いでしょう。

ビタミンC誘導体成分名 最適アイテム
アスコルビン酸グルコシド 化粧水(ローション)
アスコルビルリン酸Na 化粧水(ローション)
リン酸アスコルビルMg 化粧水(ローション)/サラッとした美容液
3-0-エチルアスコルビン酸 化粧水(ローション)
テトラへキシルデカン酸アスコルビル コッテリとした美容液/クリーム
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na サラッとした美容液/化粧水(ローション)


※上記の各ビタミンC誘導体が、同時に複数配合されている化粧品を選ぶならば、美容液がベストでしょう

全成分表示で「ビタミンC誘導体」が前のほうに記載されいることが重要

全成分の表示は、配合量が多い順(1%以下の成分は順不同)に記載されていますので、ビタミンC誘導体が、できるだけ前のほうにあるかどうかも重要なポイントです。
美肌女性9

ビタミンC誘導体入り化粧品の注意点

乾燥したような突っ張り感が出る人もおられますので、ビタミンC誘導体入り化粧品の使用後には、保湿化粧品をしっかり塗りましょう。
逆に、処方内容によっては、ベタつく使用感のものもありますので、ご自身の肌に合った使い分けが必要です。

お勧めは「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」配合美容液

効果は、各ビタミンC誘導体の濃度やアイテムによって変わってきますが、あえてお勧めするならば、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS/アプレシエ)です。

従来のビタミンC誘導体に見られた副作用(乾燥感・突っ張り感)がほとんどない上に、肌に馴染みやすいという性質があります。

サラッとした美容液、もしくは、化粧水(ローション)に多く配合されています。

ビタミンC誘導体入り化粧品の効果的な使い方

紫外線が多い夏だけしか付けない、あるいは、シミやシワが目立つ所だけしか付けない、という人も結構おられますが、肌老化は部分的ではなく顔全体で総合的に推移するため、効果を生かすには、1年を通して毎日朝晩顔全体にしっかり塗ることが大切です。

また、ビタミンCは、ビタミンAとの相性が良いため、パルミチン酸レチノール入り化粧品レチノイン酸トコフェリル入り化粧品と併用すれば、相乗効果が期待できます。

化粧品は予防である

ビタミンC誘導体入りの化粧品に限らず、どの化粧品にも言えることは、肌の老化を改善するものではなく予防である、ということを肝に銘じましょう。

加齢により進行してしまった老化肌は、構造そのものが変化してしまっているため、化粧品で以前の状態に逆戻りさせることはできません。
どれだけ「肌の老化を緩やかにできるか」を基点にした、予防力に優れた化粧品を見極めることに徹して下さい。

最後に

幅広いマルチな美容効果を持ち合わせるビタミンC誘導体を、是非毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか…

>>目からウロコ!?化粧品の本音

No tags for this post.


美容液の基礎知識

美容液は、今やスキンケアには欠かせないアイテムとなっています。 注目度や人気も年々高まっているため、各化粧品メーカーは美容液の…
▶詳しくはこちら
美容液は、消費者の目的に応じたオリジナル性の高いものが多くなっており、配合される美容成分によって分類されます。 このページでは…
▶詳しくはこちら
次から次へと登場する美容液に目移りして、どれが良いのか迷う人も多いと思います。 このページでは、美容液を選ぶ際のポイントをお伝…
▶詳しくはこちら
このページでは、美容液の効果を最大限に発揮するための、効率の良い塗り方をお伝え致します。①十円玉小~大(肌質に合わせて)の美容…
▶詳しくはこちら
このページでは、お問い合わせが多い美容液に関するご質問と、その回答を掲載致します。 Q.美容液はいつどのタイミングで使えば良い…
▶詳しくはこちら

運営編集長紹介

松原好克
編集長の松原好克です。
美容液について確かな情報を発信いたします。

▶編集長について詳しくはこちら