ヒアルロン酸配合の保湿美容液│ジュジュ化粧品株式会社/アクアモイストの効果を検証

初めての方は、当サイトの理念をご覧下さい。

今回は、ジュジュ化粧品株式会社のアクアモイスト保湿美容液を、独自に検証してみたいと思います。

出典: http://www.juju.co.jp/catalog/aquamoist/

出典: http://www.juju.co.jp/catalog/aquamoist/

製品の特徴

しっとり感をアップさせるヒアルロン酸Na、角質層への浸透性が高い加水分解ヒアルロン酸Na、汗や皮脂にも強く吸着度に優れているヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムの、3種類のヒアルロン酸(いずれも保湿成分)が入った保湿美容液です。

これだけヒアルロン酸(保湿成分)にこだわった美容液は、あまり見かけません。
しかも、濃縮度抜群で、原液のようなテクスチャーがうれしいですね。

潤いを与えるだけでなく、肌にベールを張って水分を保持する「バリア機能」をサポートするため、乾燥・肌荒れを防ぎます。

※無香料・無着色・無鉱油・オイルフリー・動物性成分不使用

製品情報

製品名アクアモイスト 保湿美容液
容量30mL
希望小売価格2,000円(税抜)
サンプルなし
形状美容液

「アクアモイスト保湿美容液」の予想される効果※独自見解

全成分から見る検証

水、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

成分働き
ヒアルロン酸Na保湿作用
加水分解ヒアルロン酸Na保湿作用
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム保湿作用
クエン酸NaPH調整作用、酸化防止作用、キレート作用、緩衝作用
クエン酸PH調整作用、酸化防止作用、キレート作用
フェノキシエタノール防腐作用
メチルパラベン防腐作用


保湿力が高いヒアルロン酸に着目したわかりやすい処方内容ですが、保湿化粧品は、こういったシンプルな構成になっているものがベターです。

注目なのは、多くの美容液は、「水」の後に「グリセリン」「BG」「ペンチレングリコール」などの基材成分が表示されているケースが多いのですが、この製品には配合されていません。
ヒアルロン酸Na・加水分解ヒアルロン酸Na・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムの3種類のヒアルロン酸(いずれも保湿成分)が、高濃度で配合されている可能性があります。

おそらく、かなり粘性のあるアイテムだと伺えますので、サラッとした使用感がお好みの人には、不向きかもしれません。
しかし、潤い感をアップさせるには、どれだけ保湿成分を肌に届けられるかがポイントになります。
そういった意味では、非常に効果が期待できる製品だと思われます。

防腐剤のメチルパラベンが気になる人は、こちらをご覧下さい。

口コミから見る検証

口コミを見ますと、やはりべたつき感が気になるという感想が多いようです。

化粧品に配合される美容成分は、必ずしもすぐに浸透すれば良いというものでもありません。
ほとんどの成分は角質層までしか行き渡らないため、こってりしているものでも、時間と共に少しずつ肌に馴染んでいきます。
夜のスキンケアのみに使用する、普段お使い付けの化粧水に少量を混ぜて使うなど、工夫をされると良いでしょう。

また、乾燥しやすい目元・口元・頬への部分使いや、季節によって使用量を調節すると、さらに生きた使い方ができます。

潤い不足が気になる人、乾燥肌に悩む人にはお勧めです。

口コミ参考
@コスメ

>>口コミ評価が高い美容液一覧

お問い合わせ

ジュジュ化粧品株式会社/アクアモイスト 保湿美容液のお問い合わせは、こちらからメーカー様へ直接ご連絡願います。

>>ヒアルロン酸を含む美容液一覧



美容液の基礎知識

美容液は、今やスキンケアには欠かせないアイテムとなっています。 注目度や人気も年々高まっているため、各化粧品メーカーは美容液の…
▶詳しくはこちら
美容液は、消費者の目的に応じたオリジナル性の高いものが多くなっており、配合される美容成分によって分類されます。このページでは、…
▶詳しくはこちら
次から次へと登場する美容液に目移りして、どれが良いのか迷う人も多いと思います。このページでは、美容液を選ぶ際のポイントをお伝え…
▶詳しくはこちら
このページでは、美容液の効果を最大限に発揮するための、効率の良い塗り方をお伝え致します。①十円玉小~大(肌質に合わせて)の美容…
▶詳しくはこちら
このページでは、お問い合わせが多い美容液に関するご質問と、その回答を掲載致します。 Q.美容液はいつどのタイミングで使えば良い…
▶詳しくはこちら

運営編集長紹介

松原好克
編集長の松原好克です。
美容液について確かな情報を発信いたします。

▶編集長について詳しくはこちら