マルチな効果がある化粧品成分・ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)配合美容液おすすめ6選!

初めての方は、当サイトの理念をご覧下さい。

科学の進歩で、近年は様々な化粧品成分が開発されており、どれも最新の研究を駆使した素晴らしいものばかりです。

当サイトでは、エビデンス(科学的根拠)が高い成分を、定期的に解説しております。
今回取り上げるのは、「ナイアシンアミド」です。

ナイアシンアミドとは

別名、「ニコチン酸アミド」と呼ばれており、ビタミンB3に属する水溶性(水に溶ける性質)成分です。

昔は、動植物(牛の肝臓や米ぬかなど)から抽出されたものが使われていたが、現在は、β-シアノピリジンから合成されている。

白色の結晶または結晶性の粉末で、匂いはありません。

化粧品だけでなく、医薬品にも使用される高能力原料である。

ナイアシンアミドの確定済効果

化粧品用のナイアシンアミドには、主に、三つの効果が明らかになっております。

セラミドに直接働きかける

角質層に存在するセラミド(細胞間脂質)は、皮膚の水分を保持する大黒柱です。

現代のスキンケアは、皮膚に水分を与えることよりも、皮膚の水分を守ることのほうが重要だと言われていますので、いかにセラミド(細胞間脂質)を攻略できるかが、保湿のポイントになるのです。

そこで、注目されているのが、化粧品成分のセラミドです。
皮膚のセラミド(細胞間脂質)に酷似した構造を持つため、保湿力の高さには定評があります。
しかし、皮膚のセラミド(細胞間脂質)そのものを育むかどうかは不明ですし、非常に溶けにくいため、高配合が難しい成分です。

その点、ナイアシンアミドは、皮膚のセラミド(細胞間脂質)の合成を助け、バリア機能をサポートするという実証があります。(特開平9-2952号公報・特開平11-209285号公報)
つまり、皮膚の乾燥や荒れを、未然にセーブする効果があると考えられます。
加えて、水に溶けやすいため、化粧水や美容液にも高配合が可能な成分なのです。

血行を促進する

ナイアシンアミドは、皮膚の血行促進効果を持つことが知られています。(British Journal of Dermatology 116,1987)
つまり、ターンオーバー(代謝)を整え、皮膚の健康を後押しすると考えられます。

メラニンを抑制する

ナイアシンアミドは、美白成分としても定評があり、メラニンが表皮細胞に受け渡されるのを抑制する作用があるとして、厚生労働省が、医薬部外品(薬用化粧品)の有効成分として承認しています。
つまり、皮膚のシミやソバカスの過剰な表面化を、阻害する効果があると考えられます。

ただし、「メラニンを抑制してシミ・ソバカスを防ぐ」・「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」というフレーズを謳うには、厚生労働省に医薬部外品(薬用化粧品)の申請をして、裁可される必要があります。

ここで勘違いしてならないのは、あくまでも、シミができる前の予防有効性で、目に見える形で現われたシミを、化粧品(医薬部外品を含む)で消すことはできないということです。

ナイアシンアミドの未確定効果

詳細なデータは確認できておりませんが、化粧品用のナイアシンアミドには、以下の二つの効果があると囁かれています。

コラーゲンとの関係が深い

皮膚のコラーゲンの劣化は、シワやタルミの原因になりますが、ナイアシンアミドは、そのコラーゲンと接点があると言われています。
つまり、年齢を重ねた皮膚に、ハリや弾力を促す効果があると考えられます。

ニキビができにくい

ナイアシンアミドは、消炎作用があると言われています。
つまり、炎症を伴う皮膚の吹き出物(ニキビ)の誘発を、穏やかにする効果があると考えられます。

美肌女性12

ナイアシンアミドは低刺激

ビタミンC誘導体レチノールなど、エイジングケア(年齢に見合った手入れ)向けの成分は、人によっては、乾燥やカサつきなどの副反応を覚えることがあります。

その点、ナイアシンアミドは、効果は穏やかですが、皮膚に馴染みやすく、刺激が少ないと推測されます。

よって、肌質・性別・年齢・季節などを選ばないため、利便性に優れています。

ナイアシンアミド入り化粧品の選び方

ナイアシンアミドに限らず、化粧品に入っている美容成分は、配合濃度やテクスチャーによって効果が変わってきます。

ナイアシンアミドは美容液がベター

水溶性成分のため、化粧水やローションに配合されているものでも悪くはありませんが、水っぽいものは、濃度が高くなると、他成分とのバランスに支障が生じ、製品の安定性を損なうリスクが懸念されます。

ナイアシンアミドの効果を生かすには、成分同士の親和性が良い、「美容液」に配合されているものがベターでしょう。

ナイアシンアミドをメイン成分にしている美容液がベスト

ナイアシンアミドをメイン成分として、宣伝文句を展開している美容液は、有用性のステータスを認識しているため、評価が高いでしょう。

他の美容成分との相乗効果に期待

ナイアシンアミドは、セラミドヒアルロン酸・コラーゲン(いずれも保湿成分)、ペリセア(保護成分)など、角質層に働きかける成分と一緒に配合されている美容液なら、相乗効果が期待できるでしょう。化粧品2

ナイアシンアミド入り美容液の最適な使い方

どれだけ良いナイアシンアミド配合の美容液を見つけても、最適な使い方ができなければ、”宝の持ち腐れ”です。
最適な使用方法を、しっかりと心得ましょう。

顔全体に満遍なく塗る

ナイアシンアミド入りの美容液は、サラッとしたタイプのもの~コッテリとしたタイプのものまで様々ですが、皮膚への作用を鑑みますと、額と鼻を除く顔全体に、満遍なく塗付することが大切です。

擦って付けるのではなく、手の平で顔全体を押さえるようにして馴染ませます。
目周り・鼻周り・口周りなど、手の平でつけにくい部位は、指平を使うと顔全体に満遍なく塗ることができます。

>>塗り方の詳細はこちら

使うタイミング

普段お使い付けの化粧水の後に塗布して下さい。
化粧水を使っておられない場合は、洗顔後に直接付けても構いません。

乳液やクリームは、最後に付けましょう。
油分の多い乳液やクリームを先に付けると、皮膚表面に幕が張り、水溶性であるナイアシンアミドの浸透を妨げる可能性があります。

化粧品は予防である

加齢により進行してしまった老化皮膚は、構造そのものが変化してしまっているため、化粧品で以前の状態に戻すことはできません。

薬事法(医薬品医療機器等法)で定められているように、ナイアシンアミド入りの美容液に限らず、どの化粧品にも言えることは、「皮膚の老化を改善するものではなく予防である」ということを肝に銘じましょう。

どれだけ、老化皮膚の進行にブレーキを掛けることができるか、つまり、本当に効果がある成分を見極める判断力を養えば、化粧品選びに悩む必要はなくなります。

ナイアシンアミド配合美容液おすすめ6選

お待たせしました!
それでは、当サイトが推薦する、ナイアシンアミド入り美容液をご紹介いたします。

※掲載順は効果の高低を意味するものではありません

ドクターY モイストバリアエッセンス

品名:ドクターY モイストバリアエッセンス
販社:株式会社トラストトータルサービス
容量:30mL
価格:6,480円(税込)

成分:水、グリセリン、ペンチレングリコール、ナイアシンアミド、PEG-6、PEG-32、PEG-150、クエン酸、ヒアルロン酸Na、カルボマー、グリチルリチン酸2K、水酸化Na、メチルパラベン

解説:女性から圧倒的な人気がある、カリスマ美容皮膚科医、吉木伸子先生プロデュースの美容液です。”モイストバリア”というネーミングから見ても、ナイアシンアミドが、皮膚のセラミド(細胞間脂質)に働きかけるエビデンス(科学的根拠)を、熟慮しておられると察します。
全体の成分構成からしますと、ナイアシンアミドの性質が生かされた処方内容で、濃度も高いと予想されます。保湿成分の定番であるヒアルロン酸Naと、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸2Kが、アクセントで配合されている点も評価できます。
他の吉木先生の化粧品を拝見しましても、全成分がシンプルであるということが特徴ですが、これは、スキンケアにとって大切な要素です。
最近の傾向としましては、とにかく美容成分を沢山配合した方がイメージが良いため、何でもかんでも詰め込むといった化粧品が増えています。しかし、多くの成分が入り混じったものほど、一つ一つの美容成分の配合率が低くなる、溶かし入れる界面活性剤も多量に必要になる、アレルギーなどの刺激を起こすリスクもアップする、と考えるのが一般的理知です。つまり、単独の有効成分にターゲットを絞り、全成分が少ない化粧品ほど、効果的で低刺激なのです。

公式サイトはこちら

SKIN DIRECTION

品名:SKIN DIRECTION(スキンディレクション)
販社:有限会社ミストラル・コスメティクス
容量:150mL
価格:5,832円(税込)

成分:水、グリセリン、プロパンジオール、ナイアシンアミド、1,2-ヘキサンジオール、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、サッカロミセス溶解質エキス、サッカロミセス培養溶解質液、カルボキシメチル-β-グルカンNa、プランクトンエキス、アルテミアエキス、酵母エキス、ヒアルロン酸Na、コメヌカスフィンゴ糖脂質、BG、α-グルカンオリゴサッカリド、ラフィノース、キシリトール、ポリグルタミン酸、エチルヘキシルグリセリン、リゾレシチン、水添レシチン、クエン酸Na、クエン酸、水酸化Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

解説:保湿成分(ナイアシンアミド・ヒアルロン酸ジメチルシラノール・酵母エキス・ヒアルロン酸Na・コメヌカスフィンゴ糖脂質・ラフィノース)と、エイジングケア(年齢に見合った手入れ)成分(サッカロミセス溶解質エキス・サッカロミセス培養溶解質液・カルボキシメチル-β-グルカンNa・プランクトンエキス・アルテミアエキス・α-グルカンオリゴサッカリド)を、バランス良く配合した、オールインワンタイプの美容液です。
ナイアシンアミドの表記位置からの判断になりますが、1%以上の濃度である可能性が高いため、嬉しい効果が期待できるでしょう。
テクスチャーは、化粧水に近いものだと伺えますので、毎日の洗顔後にアプローチできます。

公式サイトはこちら

リッシュバリエールエッセンス

品名:リッシュバリエールエッセンス
販社:株式会社サビーナ自然化粧品
容量:50mL
価格:9,720円(税込)

成分:水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、メチルグルセス-10、セレブロシド、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ナイアシンアミド、グリチルリチン酸2K、トレハロース、ダイズ種子エキス、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、ポリクオタニウム-51、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、PEG-30水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム、水酸化Na、エタノール、エチドロン酸、フェノキシエタノール

解説:メチルグルセス-10・セレブロシド・ヒアルロン酸Na・加水分解ヒアルロン酸・アセチルヒアルロン酸Na・ナイアシンアミド・グリチルリチン酸2K・トレハロース・ダイズ種子エキス・ポリクオタニウム-51、という多種類の保湿系成分が配合された、リッチな美容液です。
ナイアシンアミドの配合率は微妙ですが、全成分の構成を見ると、しっかりとした保湿力がありながら、ベタつかないサラッとした使用感になっているでしょう。季節に関係なく使えそうです。
特に、皮膚の乾燥に悩む人や、保湿を重視したスキンケアを取り入れたい人には、打って付けです。
添加物(界面活性剤・安定剤・防腐剤等)も、一様に無難な成分を使用しています。
価格に気になりますが、この成分内容でしたら妥当でしょう。

公式サイトはこちら

ジェノプティクス オーラ エッセンス

品名:ジェノプティクス オーラ エッセンス(医薬部外品)
販社:P&Gプレステージ合同会社
容量:50mL
価格:17,280円(税込)

有効成分:ニコチン酸アミドW、D-パントテニアルコール
その他の成分:SK-Ⅱ(ピテラ)コンセントレート、L-アスコルビン酸2-グルコシド、ウンデシレノイルフェニルアラニン、イノシット、プルーン酵素分解物、チンピエキス、ウメ果実エキス、ヘキシルデカノール、ビタミンE、POE・ジメチコン共重合体、濃グリセリン、トリエリツヘキサン酸グリセリル、ナイロン末、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクリルドデシル)、メチルシロキサン網状重合体、窒化ホウ素、雲母チタン、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、POE(20)ヤシ油脂肪酸ソルビタン、BG、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、ポリアクリルアミド、軽質流動イソパラフィン、POE(7)ラウリルエーテル、AMP、キサンタンガム、ベンジルアルコール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、香料、エデト酸塩、安息香酸塩、パラベン、精製水

解説:有名なSK-Ⅱシリーズの美白美容液です。医薬部外品として承諾されておりますので、紫外線等による過剰なメラニン生成を抑制し、シミやソバカスを防ぐ効果は立証されています。
有効成分は、もちろん、ニコチン酸アミドW(ナイアシンアミド)ですが、これは、厚生労働省に認可された、マックスファクターが開発した美白成分で、登録商標名は「D-メラノTM」です。
テクスチャーは、乳液に近い美容液だと思われますので、付加価値として、皮膚に滑らかさやツヤを与えてくれるでしょう。
皮膚荒れを食い止めるD-パントテニアルコールや、ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)も配合されている、ハイスペックな美容液です。
ちなみに、当製品のキャッチコピーになっている、オーラ(パール感)や光沢を醸し出す主成分は、窒化ホウ素と雲母チタンだと推測されます。共に低刺激です。

公式サイトはこちら

ブランサイト

品名:ブランサイト
販社:株式会社ノエビア
容量:20g
価格:12,960円(税込)

成分:水、BG、ジメチコン、アルブチン、ナイアシンアミド、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、エチルヘキサン酸セチル、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、アスコルビルグルコシド、PEG-75、オウゴン根エキス、ヒメフウロエキス、加水分解シロガラシ種子エキス、カンゾウ根エキス、メトキシケイヒ酸エチルへキシル、グレープフルーツ果皮油、(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー、メチルグルセス-20、塩化Na、水酸化Na、クエン酸Na、フェノキシエタノール、香料

解説:紫外線による皮膚ヘのダメージをカバーする、簡単に言えば、シミ対策を目的とした美容液です。チューブ式の容器なので、クリームに近い形状だと思われます。
全成分を見ますと、ナイアシンアミドの配合量は多く、加えて、アルブチンやビタミンC誘導体のアスコルビルグルコシドも入っているため、有効成分の選択は堅いです。
ただ、医薬部外品としての申請はしていないようですので、これだけの成分内容でありながら、「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」という表現文句が謳えないのは、非常に残念です。
高価ですが、アピールポイントが明白になっている、ポテンシャルの高い製品でしょう。

公式サイトはこちら

レジスト10%ナイアシンアミドブースター

品名:レジスト10%ナイアシンアミドブースター
販社:ポーラチョイスジャパン(IROOM MK)
容量:20mL
価格:6,400円(税込)

成分:水、ナイアシンアミド、アセチルグルコサミンリン酸2Na、アスコルビルグルコシド、ブチレングリコール、リン脂質、ヒアルロン酸ナトリウム液、アラントイン、グリセリン、グリチルリチン酸ジカリウム、カンゾウ根エキス、ユビキノン、没食子酸エピガロカテキン、β-グルカン、パンテノール、カルのシン、ゲニステイン、クエン酸、クエン酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、キサンタンガム、エデト酸二ナトリウム、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

解説:製品名にある通り、ナイアシンアミドが、10%もの超高濃度で配合された美容液で、日本では到底考えられない、大胆なパフォーマンスです。販売業者は韓国の会社ですが、製造元はUSA(アメリカ合衆国)のため、一般的な品質には問題ないでしょう。
しかし、いくら刺激が少ないと言われているナイアシンアミドでも、当製品に限っては、原液のまま塗布することは、多少のリスクを背負うことになります。
スキンケアのメインアイテムとして顔全体に薄く塗る、乾燥やエイジングサインが気になる部位にスポット的に塗る、お気に入りの化粧水やクリームに数滴混ぜて塗る等、多様な使い方ができます。

公式サイトはこちら

最後に

ナイアシンアミドは、保湿ケア~年齢に則したエイジングケアまで、マルチな効果が期待できます。
地味な存在で、取り上げられることは少ないですが、是非お勧めしたい成分です。

>>目からウロコ!?化粧品の本音

No tags for this post.


美容液の基礎知識

美容液は、今やスキンケアには欠かせないアイテムとなっています。 注目度や人気も年々高まっているため、各化粧品メーカーは美容液の…
▶詳しくはこちら
美容液は、消費者の目的に応じたオリジナル性の高いものが多くなっており、配合される美容成分によって分類されます。 このページでは…
▶詳しくはこちら
次から次へと登場する美容液に目移りして、どれが良いのか迷う人も多いと思います。 このページでは、美容液を選ぶ際のポイントをお伝…
▶詳しくはこちら
このページでは、美容液の効果を最大限に発揮するための、効率の良い塗り方をお伝え致します。①十円玉小~大(肌質に合わせて)の美容…
▶詳しくはこちら
このページでは、お問い合わせが多い美容液に関するご質問と、その回答を掲載致します。 Q.美容液はいつどのタイミングで使えば良い…
▶詳しくはこちら

運営編集長紹介

松原好克
編集長の松原好克です。
美容液について確かな情報を発信いたします。

▶編集長について詳しくはこちら