お勧め美容液!ドクターセレスキンのノインゲルの効果を検証

初めての方は、当サイトの理念をご覧下さい。

今回は、ドクターセレスキンのノインゲルを、独自に検証してみたいと思います。

出典: http://www.t-celeb.net/product/p04.html出典: http://www.t-celeb.net/product/p04.html

製品の特徴

レチノイン酸トコフェリル(ビタミンA+E)という美容成分をアピールポイントにした、水溶性のゲルです。
レチノイン酸トコフェリルについての詳しい解説は、コチラ

美容皮膚科やクリニックでは、シミ・シワなどの改善効果があるトレチノイン酸治療が有名ですが、刺激が伴うため、化粧品成分として取り扱うことはできません。
そこで、トレチノイン酸を刺激が少ない化粧品向けに開発された成分が、レチノイン酸トコフェリルです。

また、当製品は、東大式の水溶性ゲル(東京大学の吉村浩太郎氏が開発したトレチノイン治療)をモチーフにしているため、アクティブなエイジングケアが期待できます。
※美容皮膚科やクリニックでのトレチノイン酸治療とレチノイン酸トコフェリルの効果は、全く別物です。レチノイン酸トコフェリルは、医薬品医療機器等法(旧薬事法)の範囲内で養成された化粧品成分です

他にも、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na・加水分解コラーゲン・プラセンタエキス・ヒアルロン酸Naという豪華なラインナップが魅力的です。

製品情報

製品名ドクターセレスキン ノインゲル
容量30ml
価格

12,960円(税・送料込)

サンプル/お試しなし
形状美容液状
使い方洗顔後1~2プッシュを手に取り、お顔全体になじませて下さい。
その後、いつものお手入れを行って下さい。
※使用期間中は十分に保湿し、日中は日焼け止めを使用して下さい

「ノインゲル」の予想される効果※独自見解

■ハリを出す>>シワ・たるみ対策にお勧めの美容液一覧
■毛穴の悩みにアプローチする>>毛穴対策にお勧めの美容液一覧
■紫外線によるダメージをサポートする>>シミ対策にお勧めの美容液一覧
■潤いを与える>>保湿力に優れている美容液一覧

全成分から見る検証

水、オレス-6、レチノイン酸トコフェリル、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、ヒアルロン酸Na、フェノキシエタノール、カルボマー、水酸化Na

成分働き
オレス-6乳化作用
レチノイン酸トコフェリル整肌作用
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na整肌作用
加水分解コラーゲン保湿作用
プラセンタエキス整肌作用
ヒアルロン酸Na保湿作用
フェノキシエタノール防腐作用
カルボマー増粘作用
水酸化NaPH調整作用、緩衝作用


配合成分が多ければ多いほど、かぶれなどのリスクが高くなるため、全成分が少なめなのが好印象です。
また、美容成分に対する添加物の割合が、必要最低限に抑えられています。

この製品の売りであるレチノイン酸トコフェリルの濃度は、かなり豊富だと思われます。
重ねて嬉しいのは、レチノイン酸トコフェリルとの親和性が深いビタミンC誘導体(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)も、しっかり配合されています。

さらに、加水分解コラーゲン・プラセンタエキス・ヒアルロン酸Naなど、名高い良質な美容成分も添加されており、エイジングケアだけでなく、使用感も重視した内容だと伺えます。

ただ、一つ気になる配合成分は、オレス-6です。
界面活性剤(乳化剤)で、化粧品にはあまり聞き慣れない成分ですが、「水」の次に記載されているため、1%以上の配合率だと考えられます。
アレルギー体質の人や敏感肌の人は、少量から試してみて、肌の調子が悪くならなければ問題ないでしょう。
※オレスは、オレイルアルコールに酸化エチレンを付加したもので、各モル数によって用途が異なる
※化粧品の全成分表記は、配合量の多い成分順に記載されますが、1%以下の成分の記載は順不同です

値段は張りますが、配合されている各美容成分の濃度は、かなり高いと予想されるため、致し方ないでしょう。

スキンケアは予防ですので、できてしまったシミやシワを消すことは不可能です。
いかにエイジングサインに早く気付き、的確な化粧品を見極めることができれば、年齢に見合った美肌を手に入れることができるでしょう。

そういった意味では、ドクターセレスキンのノインゲルは、エイジングケアにこだわる女性にとって嬉しい美容液だと感じます。

口コミから見る検証

レビューを見ますと、全体的には評価が高いです。
一番多いのが、「毛穴が目立たなくなった」、他にも、「ツルツルになった」「ハリが出た」「シミ・シワが薄くなった」などもあります。

評価が低いレビューでは、「効果が感じられなかった」「肌に合わなかった」などがありますが、割合からすると少数ですので、刺激は少なそうです。
ただし、エイジングケア化粧品の特徴として、発赤・痒み・カサつき等が現れる人も少なくないため、肌が弱い人やニキビ肌の人や敏感肌の人は、使い始めは1日おきに使用したり、少量から試してみるなど、気配りが必要です。

何回も申し上げますが、化粧品の本来の役割は、医薬品医療機器等法(旧薬事法)という国の法律により定められています。
その内容を集約すると、化粧品は薬品と違い改善を促すものではなく、悩みやトラブルが現れる前に抑制する「予防」を目的にしていますので、製造会社もその主旨に沿った内容で開発&生産を遂行しています。
どれだけ高価な化粧品を使っても、加齢と共に現れ始めた肌老化を若返らせることは困難だということ。
つまり、美しく歳を重ねるためには、いかに予防力に優れた化粧品を見極めることができるかに掛かっています。

そういった意味では、「ドクターセレスキン/ノインゲル」は、お肌の曲がり角と言われる20代半ばを過ぎた頃から、日常的に使用していただきたい美容液です。

口コミ参考
楽天 みんなのレビュー

>>口コミ評価が高い美容液一覧

お問い合わせ

ドクターセレスキン/ノインゲルのお問い合わせは、こらちからメーカー様へ直接ご連絡願います。

>>レチノイン酸トコフェリルを含む美容液一覧

No tags for this post.


美容液の基礎知識

美容液は、今やスキンケアには欠かせないアイテムとなっています。 注目度や人気も年々高まっているため、各化粧品メーカーは美容液の…
▶詳しくはこちら
美容液は、消費者の目的に応じたオリジナル性の高いものが多くなっており、配合される美容成分によって分類されます。 このページでは…
▶詳しくはこちら
次から次へと登場する美容液に目移りして、どれが良いのか迷う人も多いと思います。 このページでは、美容液を選ぶ際のポイントをお伝…
▶詳しくはこちら
このページでは、美容液の効果を最大限に発揮するための、効率の良い塗り方をお伝え致します。①十円玉小~大(肌質に合わせて)の美容…
▶詳しくはこちら
このページでは、お問い合わせが多い美容液に関するご質問と、その回答を掲載致します。 Q.美容液はいつどのタイミングで使えば良い…
▶詳しくはこちら

運営編集長紹介

松原好克
編集長の松原好克です。
美容液について確かな情報を発信いたします。

▶編集長について詳しくはこちら