プラセンタエキス配合美容液の特長と効果を詳しく解説

初めての方は、当サイトの理念をご覧下さい。

科学の進歩で、近年は様々な化粧品成分が開発されており、どれも最新の研究を駆使した素晴らしいものばかりです。

当サイトでは、エビデンス(科学的根拠)の評価が高い成分を、定期的に解説しております。
今回取り上げるのは、「プラセンタエキス」という美容成分です。

プラセンタエキスとは

豚・羊・馬の胎盤から不純物を取り除き、無菌状態で精製された成分です。
チアミン・リホブラミン・ピリドキシン・パントテン酸などのビタミン成分、アルギニン・シスチン・グルタミン酸・セリンなどのアミノ酸成分、カルシウム・ナトリウム・カリウムなどのミネラル成分、さらに、コレステロール・酵素(アルカリ性フォスファターゼ)・デオキシリボ核酸などで構成されています。

現在の化粧品に使われるプラセンタエキスは、豚から抽出されたものが主流になっています。
形状は、淡黄色~淡褐色の液体で、独特の匂いがあります。

狂牛病問題

1996年(平成8年)、狂牛病(BSE)による英国産牛由来成分の規制を皮切りに、2001年(平成13年)、日本国内でもBSE感染牛が確認されたのを境に、牛由来のプラセンタエキスの使用が完全に不可になりました。

プラセンタエキスの主な効果・効能

 

■肌代謝をサポートして、日焼けによるシミを防ぐ>>シミ対策にお勧めの美容液一覧
■皮膚の血行促進>>血行促進にお勧めの美容液一覧
■潤いを与える>>保湿力に優れている美容液一覧
■肌荒れを防ぐ>>肌荒れ対策に優れている美容液一覧


美肌女性21

プラセンタエキスの特徴

プラセンタエキスの特徴を詳しくお伝えします。

厚生労働省が認可した有効成分

プラセンタエキスは、厚生労働省が認可している有効成分です。
特に、美白作用に優れているため、医薬部外品としての処方化粧品が多くなっています。

なお、「美白」を勘違いしている人もおられるため、改めてお伝え致しますが、美白成分とは、肌を白くする漂白的なものではなく、シミの元になるメラニンを抑えてシミ・そばかすを防ぐ成分です。
※できてしまったシミやそばかすは、化粧品で消すことはできず、あくまでも予防です

2つの美白作用を持つ

通常美白成分というのは、メラニンの生成を抑えるタイプとメラニンの排泄を促すタイプの2つに分類されますが、プラセンタエキスは、両方の作用を持つと言われています。
女性にとっては、とても嬉しい成分ですね。

有効成分が滞留しやすい

エキス成分の特徴として、精製される過程で本来持っている有効成分が微量となってしまうことが多いのですが、プラセンタエキスは、有効成分が留まりやすいと思われます。

>>シミ対策の記事一覧

プラセンタエキス化粧品の選び方

プラセンタエキスに限らず、化粧品に入っている美容成分は、配合濃度やアイテムによって効果も千差万別です。

プラセンタエキスは美容液がベター

プラセンタエキスの効果を最大に生かすには、良質な成分が多く配合されやすい美容液に入っているものがベターです。
出回っているプラセンタエキス配合の化粧品を見ても、美容液タイプが最も多いようです。
美容液6

プラセンタエキスがメインになっている美容液がベスト

色々な成分がたくさん詰め込まれた美容液よりも、プラセンタエキスが単体で処方してある美容液がベストです。

匂いも選定基準の1つ

動物由来や植物由来の成分は、独特の匂いがありますが、この匂いを毛嫌いする人もおられます。
しかし、肌への効果を考えると、高濃度で配合されているプラセンタエキスを選ぶ必要がありますので、逆にある程度の匂いがあるものでないと意味がありません。

プラセンタエキス美容液の最適な使い方

どれだけ良いプラセンタエキス美容液を見つけても、最適な使い方ができなければ、”宝の持ち腐れ”です。
最適な使用方法を、しっかりと心得ましょう。

顔全体に満遍なく塗る

シミケアやエイジングケアは、部分使いではなく、顔全体にしっかり塗布することが大切です。
擦って付けるのではなく、手の平で顔を押さえるようにして、丁寧に馴染ませます。
目周り・口周りなど、手の平でつけにくい部位は、指平を使うと顔全体に満遍なく塗ることができます。

>>塗り方の詳細はこちら

使うタイミング

プラセンタエキス美容液の特性を生かすためには、化粧水の後に塗布して下さい。
化粧水を使わない場合は、洗顔後に直接付けても良いです。
その後は、保湿美容液や保湿クリームを重ねて下さい。

化粧品は予防である

プラセンタエキス入りの美容液に限らず、どの化粧品にも言えることは、「肌の老化を改善するものではなく予防である」、ということを肝に銘じましょう。

加齢により進行してしまった皮膚は、構造そのものが変化してしまっているため、化粧品で以前の肌状態に逆戻りさせることはできません。

どれだけ老化肌の進行を緩和することができるか、つまり、予防力に優れた化粧品を見極める判断力が、年齢に則した美肌を左右すると言っても過言ではありません。
美肌女性20

エキス成分の注意点

プラセンタエキスだけでなく、エキス成分全般に言えることは、多くの成分が入り混じって1つの成分が出来上がっています。
アレルギーを起こしやすい人や敏感肌の人は、成分種類が増えるほど刺激反応を起こすリスクが高くなるため、腕でパッチテストをしたり、顔の一部分に少量から使用したりして、使い始めに気を遣いましょう。

最後に

プラセンタエキスは、保湿ケア~エイジングケアまで幅広い効果が見込める良い素材ですので、健康な肌を維持するには打って付けの成分です。
気になる人は、是非取り入れていただきたいと思います。

このコラムが、多くの皆様のお役に立てれば幸いです。
>>プラセンタを含む美容液一覧

No tags for this post.


美容液の基礎知識

美容液は、今やスキンケアには欠かせないアイテムとなっています。 注目度や人気も年々高まっているため、各化粧品メーカーは美容液の…
▶詳しくはこちら
美容液は、消費者の目的に応じたオリジナル性の高いものが多くなっており、配合される美容成分によって分類されます。 このページでは…
▶詳しくはこちら
次から次へと登場する美容液に目移りして、どれが良いのか迷う人も多いと思います。 このページでは、美容液を選ぶ際のポイントをお伝…
▶詳しくはこちら
このページでは、美容液の効果を最大限に発揮するための、効率の良い塗り方をお伝え致します。①十円玉小~大(肌質に合わせて)の美容…
▶詳しくはこちら
このページでは、お問い合わせが多い美容液に関するご質問と、その回答を掲載致します。 Q.美容液はいつどのタイミングで使えば良い…
▶詳しくはこちら

運営編集長紹介

松原好克
編集長の松原好克です。
美容液について確かな情報を発信いたします。

▶編集長について詳しくはこちら